ステージ出演者を紹介します!

|出演者

■ カンボジア大型影絵芝居スバエク・トム

 スバエク・トムは、シエムリアプ州に伝えられる伝統芸能です。スバエクは「皮」、トムは「大きい」という意味で、「大きな皮」という名のとおり、牛皮に透かし彫りをした大きなパネルを遣い、ヤシ殻を燃やす炎を光にして影を映し出して演じる壮大なお芝居です。演目は、「リアムケー(リアム王子の栄誉)」という古典の物語からのエピソードです。 *ステージでは電気照明を使います。


■ 一座紹介

 ティー・チアン一座は、シエムリアプでもっとも古くから上演を続けてきた一座です。1970年以降、内戦のために長いあいだ休止を余儀なくされていましたが1997年に復活し、現在では観光客向けに、また地元で祭事に呼ばれての上演など行っています。今回は、一座から4名が来日します。

■ ステージ予告

 リアムケー物語[リアム王子が、魔王にさらわれた妻を救い出す壮大な物語]から、「蛇の矢」のエピソードの一部分をお送りします。

■ ブース案内

 KDDI財団のブースにおいて、スバエク・トムの人形制作の実演が見られます。皮工芸品の販売、また牛皮に透かし彫りをして小物を作る体験コーナー(有料)もあります。ぜひお寄りください。

■ レクチャー&パフォーマンス

  日時:5月6日(土) 15:00-17:00 (受付開始14:00-) 会場:ポレポレ坐(東中野)
  スバエク・トムの魅力をさらに身近に感じられる企画です。
  お問い合わせ、お申し込みは(公財)現代人形劇センターまでお早めにどうぞ!tel:044-777-2228

  詳細は、公益財団 現代人形劇センターのサイトをご覧ください。

  http://www.puppet.or.jp/puppetArchives/entryarchive/sbekthom_rekudemo.html

|出演者一覧

出演者名: カンボジア王立舞踊団

出演内容 : 
  カンボジア古典舞踊と民族舞踊。カンボジアの舞踊は、大きく宮廷での奉納芸能の古典舞踊と、庶民の生活の中から生まれ引き継がれてきた民族舞踊に分けられます。今年もこの2つの舞踊をみなさまにご覧いただきます。

出演者の紹介 :
  カンボジア王国が誇る舞踊団。 カンボジアの古典舞踊(宮廷舞踊)の起源は9〜15世紀のアンコール王朝時代と言われています。古典舞踊は、神や祖先への神聖な儀式であり、神に捧げる奉納芸能でした。その後、 幾度となく存亡の危機にさらされ、1970年代の内戦では舞踊関係者の9割が殺されてしまいましたが、1980年、王室や生き残った舞踊関係者の懸命な努力により、王立芸術大学が再興。 これにより、王室関係者や一部の上層の人しか従事できなかった古典舞踊の道は一般の人にも開かれ、小さい頃から厳しい訓練を乗り越えた優秀な踊り手たちが誕生するようになりました。2003年にはカンボジア古典舞踊がユネスコから「人類の口承及び無形遺産の傑作」と宣言されています。


出演者名: KOSMIC

出演者の紹介 :
●KOSMIC(ボーカル&アコースティックギター)
●菅田典幸(カホン)
●河野ハイジ(エレクトリックギター)
●ゲスト:星野大起(ボーカル&アコースティックギター)

出演内容 : 
  KOSMIC ロックミュージシャン。米デトロイトのTwist Top Recordsから『Space Available』でデビュー。2014年、自主レーベルmaimai recordsから『KOSMIC』をリリース。「カンボジア・チャリティ・ロックフェス」主催者。
  カンボジアフェスティバルステージでは、カンボジア学校建設活動 「やくそく」プロジェクトのメンバー星野大起さんを迎え、共作曲「バーッ!」を披露いたします! *「バー」とはクメール語で「はい」の意。 ミュージックヴィデオ「OUT INTO SPACE」

ウェブサイトURL : http://www.shoshi-maimai.com/kosmic/


出演者名: SAKARAK

出演内容 : 
  王立プノンペン芸術学校の流れを継ぐ日本人とその生徒による、カンボジア古典舞踊と民俗舞踊の演舞。

出演者の紹介 :
  カンボジア舞踊教室「SAKARAK」主宰の山中ひとみは、日本人初の王立ブノンペン芸術学校古典舞踊科卒業生。文化大臣(当時)のボッ パー・デヴィ王女より古典舞踊を教える許可を得、アンコール遺跡、 大使館など様々な舞台を務め、定期的に自主公演や発表会を開き、後継者の育 成にも力を入れ、カンボジア舞踊の普及に努めている。 昨年に続き、今年も後継者とともにカンボジア舞踊を披露する。

ウェブサイト:http://www.ne.jp/asahi/sakarak/cambodia

Facebook :
https://www.facebook.com/CambodiaDanceGroup SAKARAK/


出演団体名: CCJ子どもカンボジア文化教室

団体概要 : 
  このフェスティバルの主催団体であるNPO法人在日カンボジアコミュニティ(CCJ)の活動の中で、カンボジアにルーツをもつ子どもたちへの言語・文化を教え伝える場として2015年からこの教室が始まりました。

出演内容 :
  演目:Neary Chea Cho<ニアリ・チア・チュア>
  ニアリ」とは女性を意味しており、この歌はカンボジアの若く、心が美しい女性たちが、才知と容姿端麗さを兼ね備えた様を褒め称えています。また、この舞踊は古典舞踊であり、 列を成して踊る姿とその所作は、それぞれカンボジアの女性の美しさと優しさを表現しています。

ひとこと :
  子どもたちは、ルーツであるカンボジアの言語や舞踊を学びたいという強い想いを抱きながら、みんな一生懸命に練習してきました。 そんな可愛らしい乙女たちの踊りをご覧ください。


|ステージ出演者募集


募集日開始&締切日:1/302/25

 1.出演内容の条件(カンボジア関係に活動、接点ある方)

 2.応募方法(パフォーマンスPR動画、1分程演奏様子を撮影してるもの)

 3.応募にあたって提供してもらう情報(団体名、個人名どちらか、出演内容、時間、連絡先(アドレス、電話番号)、持ち込む道具や機材の詳細など)

 4.今回こちらのステージルール厳守して頂ける方。


ステージの付属品

 ①スピーカー2つ大(TBL)
 ②モニター2つ(TBL)
 ③アンプ
 ④イコライザー
 ⑤CDプレイヤー
 ⑥オーディスマイク🎤2本
 ⑦ノーマルマイク🎤5本
 ⑧ワールドマイク🎤2本
※ メーカーヤマハMG24FX

演奏楽器無し。持込み可ですけどライブハウス感覚みたいに直ぐに簡単に接続や要望に応えられないので、付属機材を確認設置出来る方のみにお願い致します。

規定音量制限(85デシベル)の為スピーカーを通して演奏出来無い物はお断り。
※オーケストラの生演奏等。


5.書類審査選考で受かった方には、3/3金曜日付けに連絡致します。


|お問合わせ


ステージ情報に関して、ご質問等ある場合は、以下カンボジアフェスティバルステージ担当までご連絡下さい。

◇ カンボジアフェスティバル2017実行委員会

E-mail: info●cambodiafestival.com
※(●を@にかえてください)

電話番号: 050-6865-0761(事務局)

※ 電話の場合は繋がりにくい可能性がございますので、メールでのお問い合わせをお勧めします。